初めの一歩(内野手編)4

この記事の所要時間: 156

内野守備ノックで内野ゴロ捕球だけに絞っても、最初はどうしても脚の動きが重く、捕球してからの勢いでランニングスローができない選手がいます。

初めの一歩(内野手編)3

で呟いた様な説明も良いのですが、平日ボケから目を覚ましてもらうために、こんな練習をしました。

ノッカーが1球目を捕って投げたら、すぐに2球目を打つ

これは意外と効果がありました。ノックを受ける選手は、戻ったらすぐにボールが飛んでくるかもしれないと錯覚を起こすわけです。ですから、0歩目から動くので、1歩目もスムーズとなり、その結果ボールへの入り方が良くなるばかりか、送球への体制も安定してきました。参考にした動画、コチラ↓です。

この投稿をInstagramで見る

Adrian Duquecito Hernandez D65さん(@duquecitohernandez)がシェアした投稿

ノックを受ける選手が少なかった事もあり、彼らが飽きる事を見越して、捕球する位置を2塁ベース前(正面) → セカンド → ショート → サード → 前進守備(セカンド) → 前進守備(ショート)と民族大移動を繰り返すと、不得意な打球方向バウンドがハッキリ見えてきます。

全体ノックとは別にスペースを確保できるのなら、こんなゴロ捕球の徹底も良いですね。
選手のレベルによっては、バックハンドではなく正面捕りに変えるのもアリです。

この投稿をInstagramで見る

Adrian Duquecito Hernandez D65さん(@duquecitohernandez)がシェアした投稿

高学年ですと、速い打球は案外グラブに入ってしまうのですが、打ち損ないのボテボテや緩いゴロは自分で捕りに行かなければなりません。彼らもなんで?と首をかしげる程、ポロポロしてましたが、思い出すまでこちらもガマンです。

彼らの引き出しがまた1つ増えてくれる事を願いながら…

カテゴリー: 今日の独り言 パーマリンク