ハーフウェイ

この記事の所要時間: 241

ランナー2塁の場面で外野へフライが上がった時、ランナーはハーフウェイに出るのが基本とされています。それを疑問に感じて経験者に問いかけた際、「それがセオリーだから」と言われた事に納得がいかなかったので、その理由を考えた事がありました。
その記憶がふと蘇ったので、今回の呟きネタにします。

まず、そのフライが外野手によって捕球されると、2アウト以外の場面ではタッチアップが可能となります。ランナーは3塁進塁を狙うだけでなく、落球や外野手の前後に落ちるヒットになる可能性を想像できると、本塁に戻ってくる選択肢が増えます。2塁ランナーに対してベンチから発せられる、「1本で帰って来いよ」にも対応できる訳です。

2塁ランナーが本塁に到達するまでは、小学生だと大体8~9秒程度でしょうか?
その時間を考慮に入れて、タッチアップの選択肢しか持っていないと、どんな事が起こり得るのかも考えてみます。もし、その打球が完全捕球されなかった場合、走れるランナー程、本塁を狙おうとするでしょう。ですが、外野手と内野手の連携プレイで素早く本塁へ送球されてしまえば、間に合わない確率が上がります。特に高く上がったフライがグラブからポロりとこぼれしまっても、すぐに拾う事ができれば、意外と早く本塁に返球できます。

それでは、タッチアップの態勢から慌てて本塁突入を試み、外野からの返球との競争に負けてしまったシーンをご覧ください。

この動画から学べるのは、

ランナー2塁での外野フライは、ハーフウェイ!

となります。
ただし、ハーフウェイで様子を見てタッチアップに切り替える判断も必要になります。
ハーフウェイと中途半端に理解されてしまうと、打球を観ながら一旦そこで立ち止まり、そこから慌てて2塁ベースに戻る小学生選手がいます。ライトとセンターの間(自分よりも左側)に上がったフライの場合、まずはハーフウェイに出て様子を見て、確実に捕球されそうであればベースに戻ってタッチアップに切り替える事を約束事にする必要があります。また、「もし迷ったり、足元が滑ったりした場合は、タッチアップは潔く諦めても構わない」と言い添えないと、失敗を恐れない暴走ランナーが続々と誕生してしまいます。

外野飛球には、フライだけでなく、ライナー性の打球もあります。そのため、「ライナーは直ぐにバックしてタッチアップに備える」という新たな約束事も必要になってきます。
ライナー性の打球程、ハーフウェイで立ち往生してしまい、「2塁ベースに戻ってお終い」という光景もよく見掛けます。個人的には、戻った後にタッチアップをする素振りだけでもできる様になってほしいなと思います。

0アウトはタッチアップ優先1アウトはハーフウェイ優先、とアウトカウントによって判断できる事が理想だと個人的には考えます。例え別のカテゴリーに進んでチーム方針が変わっても、その意図を理解するのに多くの時間を必要としないと思います。

最後に、この動画の0分35秒辺りで観られるキャッチャーのブロックは、2011年当時は許されていました…

カテゴリー: 今日の独り言 | ハーフウェイ はコメントを受け付けていません。

ペッパーゲーム

この記事の所要時間: 119

バットが振れる様になってきた選手が次に身に着けるべき技術は、バットコントロールだと思うのです。以前もこんな事を呟いてました。

トスとペッパー

個人的には、ペッパーがバットコントロールを磨く上で、一番近道な練習方法だと考えます。

ピッチャーが投げるボール全てをホームランに、(少し控えめに言い換えて)ライナーで全て打ち返すために、スイング軌道だけを正す取り組みでは不十分だと思うのです。例えば、ロングティーの相手をしていると、選手自身の得意なコースはそれなりの打球になりますが、タイミングがズレたり、不得意なコースになった途端、力みを伴ったボテボテの当たりになります。また、選手達にノックをやらせて、悲惨な状況に陥る理由は、バットコントロールが身に付いていないからだと感じます。
この動画で解説者達が挑戦している、ワンバウンドで返す技術、これを是非目指してください。ワンバウンドで返せなければ、投打を交代するペッパーゲームなら、楽しんでできそうですね。最初は、見るも無残な光景を目の当たりにするでしょうが、そこは我慢と継続が必要です。

まぁ、拙の独り言なんですけどね…

カテゴリー: 今日の独り言 | ペッパーゲーム はコメントを受け付けていません。