トスも工夫次第で3

この記事の所要時間: 18

トスを上げて打撃練習をする事がありますが、

トスも工夫次第で2

数を稼ごうとすると、打つ側も疲れと共に段々スイングが雑になってきます。
集中力を保つために、6年生選手にはこんな動画を参考に取り組んでもらいました。

トスを上げる目的が、一番振り抜きやすい高さに集中するのであればそれを徹底するのも良いですし、高さに変化を与えて得意・不得意なところを繰り返すのも良いです。また、トスをあげる人が動き続ける事で様々なコースのボールを打ち続けると、新たな発見が得られます。トスも工夫次第です。
今回紹介したトスのシーンは、息子が小学生だった頃、バッティングセンターで借りられるネットで囲われたゲージの中でよくやっていたなと、懐かしさを感じながら眺めてしまいました。

その時は、トスを上げる自分を少しずつ狙ってきているのではと察した中、ふと閃いたのがキッカケなのですが…

カテゴリー: 今日の独り言 パーマリンク