外野守備練習

この記事の所要時間: 140

外野守備練習について、改めて触れてみます。

反応を速く2

初めの一歩(外野手編)

Youtubeの検索欄に、outfield  drills  baseballと入力すると様々な練習メニューを観る事ができます。
本当に便利な世の中になったと感心するばかりですが、外野手の基本練習でどんな事をしているのかが気になり、この数日動画を漁っておりました。

ご紹介するこの動画は、キャッチボールの時から内野への返球を意識した取り組みをしていました。
それから、ゴロ捕球からのスローイングも繰り返していますし、自身の左側からの打球を想定した捕球とそこからの送球へ向けた確認作業をしています。

フライが取れる様になると、外野手は縦ノックや定位置に入ってのフライやライナーを捕る練習が多い様ですが、自分より後ろへ向かう打球への入り方に時間を割く事は少ないと感じます。

チーム事情という理由から納得の上で外野守備に就いている選手は多くないと思いますが、色々なポジジョンに付ける事だけを考えたら、「貴重な経験を積んでいる」と捉えてみてはいかがでしょうか?

外野手の見せ場(ランニングキャッチ)

外野手の守備にも興味を抱いてくれたらと思います。

まぁ、拙の独り言なんですけどね…

カテゴリー: 今日の独り言 パーマリンク