打者が打球に触れるって事は?

この記事の所要時間: 15

このお題、大きく分けて3つのケースが考えられます。

①打者が自分の打った打球にファウル地域で触れたら →
 打者の打球が打者のスパイクなど打者の身体に当たったら(自打球)ファウルです。塁上に走者がいれば、元の塁に戻されます。
 また、バントをした時、打球が真下に飛び再度バットに当たる場合もあります。これは「二度打ち」になりますが、ファウルと判定されます。

②打者が一塁に進もうとしたとき、ベース付近のフエア地域で打球に触れたら →
 ケース1.打者の足が片足でもバッターボックス内にあれば、ファウルです。
 ケース2.打者がバッターボックスの外のフエア地域で打球に触れたら、打者アウトです。  

③打者が一塁に進もうとしたとき、フアウル地域で打球に触れてたら →
 ケース1.打者がフアウル地域で打球に触れたら、ファウルボールです。
 ケース2.打者が故意に打球に触れた場合、打者アウトです。

つまり、自打球を除いて、ピッチャーや野手より先に触れてはいけないという事になりますね。特に、フェアとなった打球が、ピッチャーを含む野手が触れる前にバッターに触れてしまうと、アウトになってしまう訳ですから…

次回は、「ランナーに打球が当たった場合」をまとめてみます…

カテゴリー: 野球のルール パーマリンク