脚の運び1

この記事の所要時間: 29

前回の呟きの最後に、予告めいた事を書きましたが…

アーリーワーク

守備に就く野手に対して、「捕球の後には必ず送球がある」と言い続けています。フライやライナー性の飛球をしっかり捕球できた後、直ぐに送球をしなくて良い状況は、ランナーが塁上にいない時、もしくは3つ目のアウトを取った時だと思います。ですが、そんな状況であっても投手を除いた他の野手は捕球したボールを他の野手へ渡すために投げるという行為をしています。だから、キャチボールでも捕球した直後にグラブを止める様な事は避けて、ボールを直ぐに持ち替えて投げる態勢を整える様にアドバイスしています。
ところで、ノックを受ける内野手に対して、「捕球した後にステップを入れて投げやすい態勢を作って送球する」という教えをよく耳にしますが、具体的にどう動くかまでは聞かれないです。恐らく、こういう事なんだろうと思います。

この投稿をInstagramで見る

Dean Wilson(@coachdeanwilson)がシェアした投稿

映像に被せているコメントも英語なんですが、つまりゴロを捕球したらしっかりとシャッフルする様に伝えています。シャッフルをしている間、送球のための割れ(上半身)もしていません。脚の運び方を理解する上で、捕球する位置だけは約束事として決めておいて、あとは「右脚、左脚、シャッフル、シャッフル」というリズムを掴ませた方が伝わる様に感じました。
サード定位置辺りから2塁への送球、もしくはセカンドの捕球位置辺りから1塁への送球だと、捕球した場所から左に90度の方向に投げる事になりますから、シャッフルという動作はわかりやすいのかもしれませんね。

それで、実際の送球ですが、

この動画を観ると、グラブを持つ腕の使い方が投手っぽいです。この方が、野手投げだの投手投げだのと使い分ける様な事は言わずに済みますし、そもそも左腕を使った方が強いボールは投げやすいと思います。

まぁ、拙の独り言なんですけどね…

カテゴリー: 今日の独り言 パーマリンク