雑草魂

この記事の所要時間: 134

1999年にドラフト1位で巨人に入団。ルーキーイヤーに20勝を始め、NPB10年間で通算112勝62敗33セーブを挙げ、2009年に大リーグに移籍後は日米球界で先発、抑え、中継ぎを経て、日本球界初となる100勝、100セーブ、100ホールドを達成した上原浩治投手が引退を表明しました。
今の小学生はよく知らない選手なんだろうなと思いつつ、拙も大好きだった彼のベストのピッチング集を集めてみました。
まずは、圧巻だった第1回WBC、韓国との準決勝戦。

2013年、ワールドシリーズでのマウンド。

3つ目の動画は、今も語り草となっているルーキーイヤーでの出来事。9分59秒あたりにご注目ください。
「試合と関係ないところで敬遠する必要がない」と悔しさを表に出したマウンドシーンです。

座右の銘として挙げた雑草魂という言葉は、流行語大賞(年間大賞)にも選ばれました。引退会見で、負けたくないという反抗心だけが原動力とだったと言ってましたが、引退前日も若手以上に練習していたと報道がありました。「ケガばっかりの中途半端だったかなと思いますね。手を抜いて投げたことはない。今年に限っても若い選手と一緒に練習して、抜いて練習したことは一切無い」と言い切る姿には、21年間第一線で続けてきたプライドを感じました。小学生選手達には、160kmを超える球速を投げる投手も魅力ですが、上原投手の様な投球テンポの良さ抜群の制球力でバッターを封じる投球スタイルへも興味を抱いてくれたらと願っています。

上原投手、お疲れ様でした…

カテゴリー: 今日の独り言 パーマリンク