ボールに集中

この記事の所要時間: 21

肘の手術から打者として復帰したエンゼルスの大谷翔平選手が出場した試合で、珍しいプレイが起こったと話題になっています。何でもないピッチャーゴロをファーストのC.J.クロン選手がセカンド方向を見ながら捕球したため、エラーをしてしまいました。


この場面を振り返ります。3回2アウトランナー無しでした。ツインズ先発のジェイコブ・トッド・オドリッジ投手のボールを捉えたもののピッチャーゴロとなり、捕球したオドリッジ投手はかなりの余裕をもって1塁へ送球しています。しかし、ファーストを守るクロン選手はなぜか2塁方向によそ見をし、送球に反応できずボールはファウルグラウンドへ転々と転がってしまいます。そのまさかの事態に大谷選手も慌てて2塁へ向かい、オドリッジ選手は思わず頭を抱えてしまいました。

なぜ、クロン選手はよそ見をしてしまったのか?

について、試合担当していたタウンセンドという記者が、「ツインズは水曜日にMLB史上最も愚かなエラーをした。そして、動画を見ると、そのプレーに関与すらしていない内野手によって引き起こされたエラーだと分かった」と記しています。
その記事によると、「オドリッジ選手が1塁にボールをトスし、クロン選手がその時にボールがどこにあるか分かっておらず、自分の方に投げられると思っていなかったから起こったようである」と言及しています。そして「動画をよく見ると、打球をオドリッジ投手が捕球した際、後ろを守っていたセカンドのスコープ選手がゴロを捕球し、スローイングに移る様な動きをしている。これを視界に捉えたクロン選手が、オドリッジ投手ではなく、セカンドのスコープ選手がゴロを捕ったと勘違いした様だ」と分析しています。つまり、セカンドのニセの動きに、味方選手が騙された事で引き起こされたプレイだった様です。

この動画を何度か見直しましたが、セカンドの捕球したと勘違いする程の打球ではなかったと想像します。もちろん、スコープ選手が本当にゴロを捕球をしたかの様な動きだったのかもしれません。ですが、ほんの一瞬でも、ボールから目を切った事による勘違いが引き起こしたプレイだと考えられます。

やはり、ボールに集中し続ける事が大切なんですね…

カテゴリー: 今日の独り言 パーマリンク