軸をブラさない

この記事の所要時間: 115

先日のバッティング練習で、監督が数名の選手に対して、軸がブレない様な指導をしていました。ボールを迎えに行ってしまう選手程、軸がブレてしまう様に見受けられるからです。それでも力強いスイングができるのであれば、速い打球になるのでしょうが、バットの芯で捉える確率は低くなると感じます。
プロ野球レベルだと、ボール1個分前に移動してしまうだけで、体感速度が3km変わるという事を過去に呟きました。

体感速度の違い

小学生選手の多くは、下半身がまだ弱いという現実もありますが、そもそも後ろの脚(軸足)にしっかり乗るという目的と、どうしたらしっかり乗せられるかをまだ理解できていないと思うのです。方法は色々あります。監督はある1つの指針を示し、しばらく取り組んでもらう事になりました。さて、今回の動画はプロ野球選手のスイング集になりますが、打率3割以上を記録しているバッターに共通して言えるのは、横から観ても頭(ヘルメット)の位置が殆ど変わらないという事です。

ピッチャー寄りの脚を踏み出す時点で体重移動は必ず起こります。ですが、頭の位置(軸)を変えない意識はそろそろ持っても良いと思います。理解すべき大切な事は、その理由と目的です。

まぁ、拙の独り言なんですけどね…

カテゴリー: 今日の独り言 パーマリンク