脚を使って1

この記事の所要時間: 047

球界を代表する遊撃手となった読売ジャイアンツの坂本勇人選手は、小学生選手にとっても憧れのプレーヤーだと思います。
そんな彼も、2008年から昨季まで4年連続でリーグ失策王だったんです。守備の技術向上を目指して、当時ライバル球団で活躍していた東京ヤクルトの宮本慎也選手と自主トレを行ったのが2012年1月だったそうです。その時の様子をスポーツニュースで取り上げていました。

インタビューでは、脚を使うという事、ボールに入るタイミングを1から学んだと話しています。そこから、2016/2017シーズンではゴールデングラブ賞を受賞する選手になった訳ですから、相当な努力だったと想像します。こういった動画を、他人事の様に眺めるのではなく、是非自分も体を動かしてるイメージで見てほしいなと思います。

カテゴリー: 今日の独り言 パーマリンク