グラブの位置

この記事の所要時間: 15

今回ご紹介する3つの動画に共通するのは、ボールを捕る時のグラブの位置が身体の前という事です。

弾みやすい軟式ボールですと、グラブを引きながら捕球する選手が多く見えます。動画で使用しているボールは、弾みにくい硬式球ではありますが、ボールの種類に関わらずその形は共通だという事です。その様な練習をしっかりこなせると、連続して転がってくるボールにも対応ができる様になります。つまり、捕球からの送球をいかに速くするかが大切だと思うのです。

ボールに喰らい付く気持ちを高めるために、炎のノックという手段もありますが、形を身に着けるのなら乱れ打ちではなく、またノッカーの自己満足で終わらないためにも、同じ様なゴロを連続して捕る方が選手にとっても体力的にキツい練習だと感じます。アレコレ考える事や工夫も必要ですが、そこからはボールを捕った数次第だと思います。、

まぁ、拙の独り言なんですけどね…

カテゴリー: 今日の独り言 パーマリンク