キャッチャーフライ

この記事の所要時間: 13

低学年チームの手伝いを始めてから、ノックを打つという機会がめっきり減りました。内野ノックを出来る限り試合での打球に近づけ様とすると、彼らの打撃レベルに合わせる必要があります。色々と観察を続けた結果、手で転がした時の回転ボールの上をバットが擦った時の回転と同じになる事に気が付きました。ですが今回、4年生以下低学年チームの指揮を執る、Aチーム監督さんから試合前のシートノックを任されてしまい、しかも出来る限りバットを使う様にと命じられてしまったため、目の前に大きな問題が立ちはだかりました。
それは、キャッチャーフライです。一度試してみましたが、失敗だらけです。きっと、何かコツがある筈と思い、動画を漁ってみました。

重要なのはトスなんだそうです。本番まで時間はありませんので、選手以上に練習を重ねないといけません。低学年相手ですから、あまり高く上がらないキャッチャーフライが理想です。
さぁ〜、頑張ってみますか…

カテゴリー: 今日の独り言 パーマリンク