カッコいい守備3

この記事の所要時間: 129

過去に呟いていますが、カッコいい守備というのは動きに流れが感じられます。右投げの選手であれば、左手にはめたグラブで捕球し、送球は右手へ持ち替えを行います。

カッコいい守備2

次の選手の内野ノックを観てください。
できましたら、捕球後にグラブと左手がどこに移動して持ち替えが行われているかに注目してください。

ピッチャーがセットポジジョンの状態から投球動作に入る動作と同じと考えれば、両手は身体の中心から離れていく事が判ると思います。
持ち替えについては、年齢を問わず練習をすれば幾らでも速くできます。持ち替え後の送球動作を想像しても、身体の中心に移動する大切さも感じると思います。

当て捕りの速さ

広島カープの菊池涼介選手が行っているキャッチボールも、何気ないというか、非常にリラックスしているため、参考にならないと感じるかもしれませんが、見方を変えれば参考となる箇所は幾つもあります。

キャッチボールには工夫次第で様々な事ができますし、むしろその時間で挑戦したやった方が上達スピードも上がると思います。ただ単に肩を温めるという事以外に、守備練習で必要な動きを切り取って、キャッチボールの時間で試してほしいなと考えます。

まぁ、拙の独り言なんですどね…

カテゴリー: 今日の独り言 | カッコいい守備3 はコメントを受け付けていません。