球数制限

この記事の所要時間: 247

新年早々、全軟連(全日本軟式野球連盟)が球数制限を導入すると発表されました。

小学生も球数制限導入へ 学童野球、1日70球まで
全日本軟式野球連盟の宗像豊巳専務理事は5日、前橋市で開かれた指導者向けイベントで講演し、小学生が軟式球でプレーする学童野球で投手の投球数を1日70球までとする球数制限を今年から導入する意向を明らかにした。昨年12月には新潟県高野連が春季県大会で球数制限を実施することを決めており、投げすぎによる故障を防ぐ取り組みが広がりを見せている。
ダブルヘッダーで1日2試合に登板することは制限されないが、球数は合計70球以内となる。(1)練習も含め全力投球は1日70球、1週間で300球以内(2)1日の練習は3時間以内(3)1年間での試合数は100試合以内-などとするガイドラインも作成する。2月の全国評議員会で正式決定される見通し。
宗像専務理事は、小中学生で肩や肘を痛めた選手のうち46%は後に再発するというデータを紹介し「将来の財産をつぶすのかという問題提起をしながら(球数制限導入を)進めていきたい」と説明した。
引用元:小学生も球数制限導入へ 学童野球、1日70球まで

全軟連では、投球制限という規定を平成26年(2014年)から導入しており、その内容については周知されています。

少年部・学童部の投球制限について
平成26年度の全国大会、各都道府県大会及び各都道府県末端支部大会より下記の通り投球制限を採用しています。採用の目的は発育発達期における選手の投球における過度の負担を避けるためとなります。
投手の投球制限については、肘・肩の障害防止を考慮し、1日7イニングまでとする。ただし、タイブレーク方式の直前のイニングを投げ切った投手に限り、1日最大9イニングまで投げることができる。
なお、学童部3年生以下にあっては、1日5イニングまでとする。投球イニングに端数が生じたときの取り扱いについては、3分の1回(アウト1つ)未満の場合であっても、1イニング投球したものとして数える。
引用元:平成27年度本連盟新規取り決め事項

これまでの投球制限は、投球イニングそのものを制限するという内容で、球数には踏み込む事はしませんでした。1アウトを取れば1イニングを投げたというカウントの仕方もそうですが、個人的にはそもそもそこに何球を費やしたかが重要だと考えていたので、故障を防ぐという観点では不十分な規定だと感じておりました。

投球制限の導入

恐らく、春以降の各上部大会よりこの球数制限が導入されると想像します。また、各支部の大会やローカル大会は、大会規約に球数制限の文言が盛り込まれているかどうかを、都度確認する必要があると思います。

またダブルヘッダーにも、同一大会を1日2試合行うケースと、チーム活動として2つの大会を1試合ずつ消化するケースがあり、後者の場合ですと球数管理は自チームに委ねらる格好となります。その辺は、大人の判断に委ねられます。

チームを率いる首脳陣にとっては、ピッチャーの頭数を増やす必要性に頭を悩ませると思いますが、そこは指導の腕の見せ所と考え、選手達の可能性を見つけて、そして広げてあげてほしいと思います。

まぁ、拙の独り言なんですけどね…

カテゴリー: 野球のルール | 球数制限 はコメントを受け付けていません。

セカンドの動き2

この記事の所要時間: 136

セカンドの動きPart2です。以前、こんな事を呟きました。

3つのピボット

セカンドの選手がセカンドベース上で内野から送球を受ける際、まずどちらの脚でベースを踏むかという事ですが、次の動作としてファーストへの送球がある場合、1塁ランナーがセカンドベースへの滑り込みに伴う衝突を避けるために、左脚でベースを踏む事が良いです。次に、サードもしくはショートからの送球は、ダブルプレイを狙うという前提であれば、胸の高さに来た方が握り替えは早いです。

次に、ボールを受けた後にどの様な脚捌き(ステップ)が必要かについて、次の動画では3つの動きを紹介しています。

MLBでのプレイですが、実際の動きの例を過去に取り上げています。

ダブルプレイ3

左脚をベースに触れたままボールを受けた後、右脚をベースより前・右横・後へ移動して、ファーストへのステップする事を知っておくと良いと思います。

小学生選手は、1つの動きをこなす際に個々にクセというのを持ち合わせています。このステップを1つ取り上げても、右脚を動かしやすい方向というのがある様ですので、まずは得意なステップからの送球をしっかりと行う様にお願いしつつ、もう1つ・もう1つと引き出しを増やしてあげる事ができたらと考えます。

こういうプレイを小学生の内に教えるべきかどうか、つい考えてしまいますが、できる・できないという事よりも、まず知ってもらう事、その延長上に彼らがセカンドの守備にもっと興味を抱いてくれたら、練習での吸収力や上達力も上がると信じています。

次回は、セカンドゴロ捕球後の動きにスポットを当ててみます。

カテゴリー: 今日の独り言 | セカンドの動き2 はコメントを受け付けていません。