打撃の極意

この記事の所要時間: 135

少し前に放映された番組ですが、7分50秒より後に流れてくる、埼玉西武ライオンズの山川穂高選手落合博満氏の対談番組をご紹介します。

落合氏は山川選手が結婚した後も、新居をメットライフドームの近くに構え、生活環境が変わっても野球中心のサイクルで過ごしている事を称賛していました。
山川選手への印象ですが、

その時一番良いものを作っていくために、
色々な選手に教えてもらって、
色々な事を吸収して、
色々な引き出しに変えて、
時には色々なものを捨てて、
最後は自分自身で色々悩みながらやっていく

選手だと感じました。
「傍からは軽く振っている様に見えるけど、打っている本人は一生懸命振っている」という様に、そこから大きく異なるんですね。
落合氏も打撃指導については、「真に受けるな」とどこかの番組で発言されています。だから、対談番組で打撃の極意を求められても、コメントは極めてシンプルで、自分の打撃理論をあまり多く語ろうとしません。
落合氏本人もロッテオリオンズへ入団した後、山内監督からの打撃指導を拒否した事は逸話として残っています。ですが、プロ選手として生きて残っていくために、自分で自分のバッティングを作っていく事を覚悟しても、プロの技術というのが分からないから、手本になる選手を捜し、土肥健二氏や加藤栄司氏の技術を盗みながら、自分自身のバッティングを作り上げていったそうです。
これから、実際に誰かから指導を受ける事があったら、

とりあえず、やってみる
でも、合いそうになければやめる

打撃に関しては、この繰り返しの様な気がします。身体の成長や投手との対戦経験を通じて、少しずつ変化(進化)が必要だからだと思います。
だから、あくまでも「打撃については」です。

まぁ、拙の独り言なんですけどね…

カテゴリー: 今日の独り言 パーマリンク