リタッチとタッチアップ4

この記事の所要時間: 137

前回に引き続き、リタッチとタッチアップについて呟いてみたいと思います。

リタッチとタッチアップ3

0アウトもしくは1アウトランナー3塁の場面で、ライト方向へフライを打ち上げ、その打球をセカンドの選手がライトの守備範囲に迫る程追い掛けて捕球するケースです。

半身の体勢でボールを追う事はあっても、ホームベースに背中を向けたまま捕球するプレイは、殆どお目に掛かれないでしょう。例えば、

 では、次の映像はいかがでしょうか?

3塁ランナーがリードの体勢を保ったまま、打球方向が一番観やすいのはセカンド・ライト方向の打球なんですね。だから、3塁ランナーに求めたい事があります。

– フライ・ライナーが飛んだら、迷わずリタッチする(ハーフウェイは本当に必要?)

つまりですね、フライ・ライナーの後ろへ下がりながら捕球すると、体勢的にも本塁方向への送球がしづらくなるんです。体勢を立て直すためには、いつも以上に助走のためのステップが必要という事です。学童野球でここまで深く追う選手はそう居ないという意見があると思いますが、セカンドという守備位置から、タッチアップという事は想定外なのかもしれません。シートノックでのフライの捕球体勢で、もし最後の1歩で脚が伸びきる選手がいたら…

まぁ、拙の独り言なんですけどね…

カテゴリー: 今日の独り言 パーマリンク