打撃妨害4

この記事の所要時間: 215

つい最近、打撃妨害を目の当たりにしました。この打撃妨害については、過去3回に渡って触れてきていますが、一般的にはこのケースが多いと感じます。

打撃妨害2

改めて公認野球規則の記載を確認してみます。

【公認野球規則6.01c 『捕手の妨害』】 (旧6.08c)
捕手またはその他の野手が、打者を妨害(インターフェア)した場合、打者は走者となり、アウトにされる恐れなく、安全に1塁が与えられる。(ただし、打者が1塁に進んで、これに触れることを条件とする)
しかし、妨害にもかかわらずプレイが続けられたときには、攻撃側チームの監督は、そのプレイが終わってからただちに、妨害行為に対するペナルティの代わりに、そのプレイを生かす旨を球審に通告することができる。
ただし妨害にもかかわらず打者が安打、失策、四球、死球、その他で1塁に達し、しかも他の全走者が少なくとも1個の塁を進んだときは妨害とは関係なくプレイは続けられる。
【原注】
捕手の妨害が宣告されてもプレイが続けられたときは、そのプレイが終わってからこれを生かしたいと監督が申し出るかもしれないから、球審はそのプレイを継続させる。
打者走者が1塁を空過したり、走者が次塁を空過しても、【5.06b3付記】に規定されているように、塁に到達したものとみなされる。
監督がプレイを選ぶ場合の例。
1アウト走者3塁、打者が捕手に妨げながらも外野に飛球を打ち、捕球後3塁走者が得点した。監督は、打者アウトで得点を記録するのと、走者3塁、1塁(打者が打撃妨害により出塁)とのいずれかを選んでもよい。
0アウト走者2塁、打者は捕手に妨げながらもバントして走者を3塁に進め、自らは1塁でアウトになった。監督は0アウト走者2塁、1塁とするよりも走者3塁で1アウトとなる方を選んでもよい。

上記の野球規則記載されている、監督の選択権については、ボールデッド中に監督自ら審判へ告げる必要がある事は、以前も触れました。
打撃妨害と監督の選択権については、最近アップされたコチラの動画が非常に判りやすく編集されています。

監督も試合ではつい熱くなります。ルールの誤解があった時に正しく説明できる事も求められます。監督の選択権については、7分53秒辺りからの内容に注目してください。

到るところで中学・高校最後の大会が始まっています。ルールの誤解釈で勝敗を左右する事の無い様にしたいと思います…

カテゴリー: 野球のルール, 公認審判員への道 パーマリンク