欠点のないイニング

この記事の所要時間: 228

今回のお題ですが、何の事やらと思われたかもしれませんが、英語でImmaculate Inningと書き、日本語訳は「欠点のないイニング」となります。
MLBでは、1イニングで投手が9球しか投げず、3人の打者をそれぞれ3球3振に打ち取った時に、Immaculate Inningと呼ぶ記録だそうです。
球史に残る記録としては、サイクル安打やノーヒットノーランといった良く知られたものよりも稀少ですよね。
過去鉢84名のメジャーリーガーによって計89回記録しています。初めて記録されたのは1889年6月4日のボストン・ビーンイーターズのジョン・クラークソン投手によるフィラデルフィア・クエーカーズとの一戦との事です。レフティ・グローブ、ノーラン・ライアン、ランディ・ジョンソン、サンディー・コーファックスの4人が複数回記録、コーファックスのみ3度記録しています。その記録が、2017年シーズンに限っては年間史上最多となる8度記録されていました。

今回取り上げた理由ですが、オリオールズのケビン・ガウスマン投手(27)が先日のインディアンス戦で1イニングを3者連続3球三振に切って獲り、90回目のImmaculate Inningを記録したと報じられたからです。100回目を記録した投手は、もっと大きく取り上げられる事でしょう。
3球3振という事は、つまり投げたボール全てがストライクと判定された訳ですから、マウンドで躍動したピッチャーにとっては格別な瞬間だったと思います。

それにしても、連続3振となると、どうしても江川卓投手が頭に浮かんでしまいます。

日本のプロ野球では、東北楽天イーグルスの松井祐樹投手が2017年4月25日に記録しています。

日本ではある時期から、カウント0ボール2ストライクからストライクを投じることが忌避された(嫌う傾向)時期があり、加えて1980年代にはカウント0-2からヒットを打たれると罰金を科すチームもあったそうで、「捕手からの懇願でやむなくボール球を投げていた」というエピソードがあると言いますから、記録としてはMLB以上に少なく、2017年シーズン終了時点で達成者は17人(18回)で、完全試合の達成者(15人)とそう変わらない貴重な記録と扱われています。過去に2度達成した選手は梶本隆夫投手のみで、同じシーズンに複数回記録されたのは、2014年シーズンのみでした。現在存在するチームの中で、福岡ソフトバンクホークスと埼玉西武ライオンズからは達成者が出ていないそうです。

今回もお付き合い戴きまして、ありがとうございました。

カテゴリー: 今日の独り言 パーマリンク