若者のすべて

この記事の所要時間: 132

先週末の秋季大会5位決定戦は、最後のところで一歩届かず、フォルコンズ単独チームとして、10月に行われる川崎市少年野球連盟大会(川少連大会)への参加は、夢と幻に終わりました。でも、持てる力をすべて出し切ってくれたと思います。
2試合目の敗退が決まった瞬間、拙は審判員としてコートブラシを引きずりながら、フォルコンズベンチの近くを往復しておりました。選手達とベンチスタッフ、みんながしていた姿は、先週の準々決勝以上に印象深かったです。ホント、あともう少しのところでした。「えっ、負けちゃったの? 密かに応援していたのに!」と惜しむ声も沢山聞きました。過去には直接聞くことなかった嬉しいコメントを頂戴しました。レク色をなくし、キビしい3日間の夏合宿を乗り越えた選手達の飛躍には、心より拍手を送りたいと思います。

さて朗報ですが、6年生3名全員が宮前区少年野球連盟の「連合メンバー」として、この度選出されました。また、5年生も先の3名に加え、嬉しいことに「もう1名、追加招集」が掛かりました。
彼らは、宮前区代表メンバーとして、川少連大会に参加します。代表チームでは、フォルコンズよりもさらに競争が激しくなります。自分の良さをどんどんアピールして、今後の自分のためにも、是非スタメンを勝ち取ってください。

今回ですが、この週末の試合の様子を掲載しない代わりに、投稿タイトルの音楽PVにします。

このフジファブリックを、拙は冬の時期に聞くことが多いのですが、歌詞に何度か登場する♪最後の花火に~♪のフレーズを、♪最後の試合に~♪へ勝手に置き換えて、今朝の通勤時間帯から一人センチな気分に浸ってました…

6年生のみんな、連合でもう一暴れしてきてね!

カテゴリー: チーム情報 パーマリンク