キャッチボールの奥義12

この記事の所要時間: 040

今回は、アライバコンビとして一時代を築いた、元中日ドラゴンズの荒木雅博氏井端弘和氏のキャッチボールの様子をご紹介します。ここにもキャッチボールの奥義があると感じました。

キャッチボールの奥義11

誰でも脚は2本あります。ボールを捕ってから投げ返すまでの動きの中で、どちらの脚を前に出すのか、短い距離で投げる際に意識すべき脚の使い方が紹介されています。彼らが意識してきたポイントではありますが、公園でのキャッチボールで試してはいかがでしょうか ?

彼らの守備理論(練習方法)については、また次回に…

カテゴリー: 今日の独り言 パーマリンク