野球ノート1

この記事の所要時間: 115

チームは、12日にグランド開きと近隣神社での必勝祈願参拝を行い、いよいよ2014シーズンが始まりました。今シーズン、年初に全選手へ向け「野球ノート」が配布されました。選手は、グランド練習や試合などで「忘れたくない事」を中心に書き込み、ベンチスタッフやコーチ陣が添削ならぬ、アドバイスを追記する形態を取るそうです。2日間の終日練習では、キャッチボールを始めとする基礎技術の向上と内野連携に多くの時間が割かれましたので、この野球ノートに記載する量も必然的に多くなる事と思います。

さて、拙は半日トスを上げ続ける手伝いをしました。この練習の目的としてベンチスタッフから依頼されたのは、軸をしっかりさせる事を連続振りで身につけさせたいというもの。そのため、トスは少し早いテンポで上げ続ける事になります。ただ、全ての選手に対してお願いしたのは、トスされたボールが上がりきったところでバットに当ててもらう事に集中してもらいました。落下するボールを追いながらバットに当てようとすると、このテンポではどうしても手打ちになりがちです。そのため、上級生を除いて、ベルト付近からやや上にボールが上がりきる様に調整したつもりで、その方が気持ち良く、かつ連続振りに向いていると思ったからです。こんな地味な練習なので、「出来た事・出来なかった事」として書き綴る選手はいないかも知れませんが…

このBlogは、自分にとっての野球ノートみたいなもんですね。
まぁ、拙の独り言なんですけどね…

カテゴリー: チーム情報 パーマリンク