次なる目標の設定1

この記事の所要時間: 134

息子がキッカケで、間近で目にする野球はこれまでの学童野球から中学野球へと広がってきました。また、娘も小学生になって本格的に野球を始めたことで、様々なプレーに接することができる様になりました。バッティングだけに注目してみれば、小学生の内は学年と体格相応のスイングをしていますし、中学生になると自分でスイングを模索する行動が見受けられます。恐らく、頭でイメージすることと、それを具現化できる体の使い方を覚え始めているのかもしれません。確かにスイングは短期間の内に変化してきています。
新たな目標を掲げて、この春から新たなステージ、または新たなチームで野球に没頭する選手達にとって、夏以降は一度迷いが出てくる時期だと感じます。あの山田哲人選手も、甲子園で魅せていた思い切りの良いスイングが、プロ入り後は別人に変身しています。2015年シーズンでトリプルスリーを記録したスイングの面影すらありません。
きっと、1軍に上がってくるまでの間、彼によって分岐点となるキッカケがあったと想像します。今回新たに探してきた2つを加えた、3つの動画とを比べて、どちらが今のイメージに近いのでしょうかね?

個人的ではありますが、小・中学生がバットを短く持ってコンパクトな振りに終始したり、それを目標にしている姿を見ると、少々寂しく感じます。今は、振りきるだけの体力とそれを可能にする体の動きを身に付ける時期だと思うからです。ちょっと先の目標と将来の大きな目標、多少の遠回りをしても後で後悔しない様な次なる目標の設定をしてください。

そのためには、人一倍バットを振らないといけませんね…

カテゴリー: 今日の独り言 パーマリンク