もっと遠くへ

この記事の所要時間: 19

夏の高校野球は、作新学院(栃木)の優勝で幕を閉じました。
今年は、じっくり試合観戦をする機会には恵まれなかったのですが、試合結果を見て驚いています。大会初日と2日目に、それぞれ5本もホームランが飛び出したこと、優勝投手の入江投手に至っては初戦の尽誠学園戦から3試合連続となるホームランを記録しました。大会3本塁打というのは、昨夏の山本武白志選手(九州国際大付)、平沢大河選手(仙台育英)も達成しているのですが、3試合連続でのホームランは史上7人目となる快挙だそうです。
長打を打つ打者は、素人目にも本当に素晴らしいスイングをしていると思いますし、金属バットの材質の進化も手伝っているのかもしれません。
それにしても、高校生が甲子園のバックスクリーンに当たり前の様に放り込むこの時代、その進化は率直にスゴいなと感じました。ちょっと打球が上がったら、オーバーフェンスなんです。

ただ、こういうのを見ると、選手達には良い刺激になると思いますが、あえて…

しっかり振れる様にならないといけません。
もっと遠くへ!
もっと強く!

を今から意識してほしいですね。きっと数年後には、こういうスイングができないと高校野球ですら付いていけない時代になると予感します。

まぁ、拙の独り言なんですけどね…

カテゴリー: 今日の独り言 パーマリンク